整体後の不調は「好転反応」かも!原因と対処法まで徹底解説

整体などに行った後、「体がだるくなった」「眠気が襲ってきた」という経験ありませんか?
そんな体の不調がでて、後日整体院で相談すると言われる言葉が
「好転反応だから大丈夫ですよ。」

そんなこと言われても

「好転反応ってなに?」って思いますよね。

好転反応というのは、簡単に言うと身体が回復していくときに出てくる症状のことです。
今回は、そんな好転反応がそもそも何なのか、なぜ起きてくるのか、どうしたら良いのかについてお伝えして整体を受けた後の身体の不調に対して「好転反応とは言われたけど本当に大丈夫なのかしら」と不安を抱かないでいいようにしたいと思います。

好転反応とは?

Woman cooling herself with a blank paper.

好転反応とは身体が回復していく過程で一時的に出てくる体の反応のことです。

 

症状としては
・顔や体がほてる、倦怠感や眠気がある
・吹き出物や肌荒れなどの症状
・他の部分が痛くなってくる痛みの変化
などがあげられます。

ひとつづつ解説していきますね。

顔や体がほてる、倦怠感や眠気がある

身体がカチカチに固まって身体中に送られている血流も滞っている状態が、整体を受けることにより急に血流が良くなって起きる症状。
普段は滞っている血流が一気に流されることにより体中の血流が良くなり、代謝があがっていきます。
その為結構もよくなり顔がほてってきたり、倦怠感や強い眠気が襲ってくることがありますが、身体にとっては良い事なのでご安心ください。

吹き出物や肌荒れなどの症状

身体が回復していく過程で、今までたまっていた体中の悪いものを排泄しようとして起きる症状です。
今まで滞っていた血流が流れ始めることによって、老廃物や疲労物質を体の外に出そうとする体の正常な排泄機能が促進されて起きます。

他の部分が痛くなってくる痛みの変化

良くなってきている証拠。
身体が痛くなった時のことを思い出してほしいのですが、全身のいたるところが同じくらい強い痛みを感じることはありましたか?
ほとんどの方が一番強い痛みを感じる場所は一か所だけだったのではないでしょうか。
それは人間の身体の特徴として、痛い部分が複数あると時特に痛い部分だけを「痛い」と感知する特徴があるから。
なのでその痛みが変化しているということは、一番痛い部分が良くなっていきほかの痛いところに気が付くことが出来たということなので、問題ありません。

なぜ好転反応は起きるのか?

身体の不調を良くしようとする時には必ず体には反応があります。
整体などを受けることにより、身体が不調を改善しようとする力が高まり今まで不調が出ていた原因を治そうとすることで起きるんです。
例えば、身体にウイルスが入ってきたときの発熱や急に運動した後日の筋肉痛など、身体を守ったり補修する時に起きる痛みや発熱。
これらと同じように整体などを受けると体が回復しようとするので好転反応が起きます。

好転反応がでたらどうしたらいい?

まずは水分をとってゆっくり休むこと!
整体後の身体は血行が良くなり代謝が進んでいる状態です。
なのでしっかりと水分をとることで体液の循環を促すことが出来、代謝で老廃物の排泄を促すことが出来ます。
そして眠くなってくることもあると思いますが、それは身体が回復する方に体力を使うのでしっかりと睡眠をとることを体自信が促すため。
なのでしっかりと寝てください。
そうすることによって体の回復を促すことが出来るので整体を受けた後はしっかりと水分をとって睡眠をとることをお勧めします。

まとめ

好転反応とは整体などを受け、身体が回復しようとする時に起こる一時的な反応です。
そんな時には不安にならず身体が回復していっていると考え、水分と睡眠をしっかりととってみてください。

この記事をみて整体を受けて体の不調や不安を感じたあなたが少しでも、好転反応を理解し安心していただけたら幸いです。

もっと詳しく聞きたい方はラインからご相談ください。

直接お話ししたい方はこちらからお電話下さい。

一度治療を受けてみたいという方にはホームページに特別なご提案がございますので、こちらのページをご覧ください。

【福岡市で唯一のしびれ専門整体院】

未病リハビリセンターハレル野芥店

福岡市早良区野芥2丁目5-7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください