鍛えているのに腰が痛くなった!原因と解決策をご紹介

「腰が痛くて仕事に支障が出ないか不安」

「ふとした時に腰が痛い」

そんなお悩みをかかえて来られたIさんは、40代男性です。

朝起きた時と、ふとした時に腰に痛みがある状態でした。

5か月の間我慢されていましたが、仕事に支障が出ないうちにと思い、当院に相談されました。

今回はこの方の原因と解決法について書いていきます。

腹筋を鍛えているのに腰が痛いという方に参考にして頂ければ幸いです。

Yさんの特徴

・仕事柄鍛えている

・以前腰痛が出たときに腹筋を鍛えたらいいと聞いた

・痛みの出だした頃にストレスが多かった。

・背骨が硬い

どんな悩みがあったのか?

5か月前から腰痛を感じていたIさん。

朝起きたときやふとした時に、腰に痛みが。

幸い仕事に支障が出るほど、酷くはない状態でした。

消防士さんという仕事柄、腰の痛みは命取りになりかねません。

腰痛が酷くなり、仕事が出来なくならないか不安、だとお話しされていたのが印象的に残っています。

治療・予防両方してくれるからとご友人の紹介で来ていただきました。

原因は?

Iさんの腰痛の原因は、腰以外の背骨がガチガチな事にありました。

腰以外の背骨が動かない為、常に腰だけが動いてかなりの負担が腰にかかります。

正常であれば体を前に曲げると、背骨一つ一つが動き腰だけに負担がかかる事はありません。

しかしIさんの場合背骨の特に、腰から上がガチガチに固まっていました。

腰から上の背骨が動かないことで、腰痛を引き起こしていました。

どんな治療をしたのか?

腰痛を軽減させるために、2つのことをメインに行いました。

①背骨の柔軟性の向上

②背骨を支える筋肉のトレーニング

①背骨の柔軟性の向上

腰痛の治療のために、「なぜ、腰が痛くなったのか?」を考える必要があります。

お伝えしたように通常、背骨は一つ一つが少しずつ連動して動いてくれます。

ですがIさんの場合、腰から上がガチガチな状態。

その為、痛みの出ている腰の部分が動きすぎていました。

腰が動きすぎることで腰の筋肉が頑張りすぎ、痛みが出ます。

この腰痛を改善させるためにはしっかりと、背骨全体の柔軟性を出すことが必要です。

当院では、首の骨と背骨の調整「脊柱コンディショニング」により、背骨の柔軟性を出す施術をしております。

「脊柱コンディショニング」は骨と骨の間「関節」を一つ一つ動かして、背骨や首の柔軟性を出していく治療です。

これを行うことで背骨が、柔軟性を取り戻し腰痛がなくなっていきました。

②背骨を支える筋肉のトレーニング

Iさんは背骨全体を固め、腰の一部分だけを動かす動きをされていました。

その為、正しい動かし方をすることが出来ません。

背骨や首の骨の柔軟性を出しても、動かし方自体が変わらないと、すぐに元に戻ってしまいます。

またIさんは今後、体の不安なく仕事をしたいというご要望がありました。

そこで普段鍛えられていない、体幹のインナーマッスルのトレーニングをする必要があります。

インナーマッスルのトレーニング

まず画像のように膝を立てて腰にタオルを入れます。

次にタオルを押しつぶすように、力を入れていきその姿勢で深呼吸!

たったこれだけです。

これが普段、インナーマッスルを使えていない人からすると、かなりきつい。

このトレーニングを、深呼吸10回を3セットしてもらうようにしています。

 

結果

Iさんの背骨を整え柔軟性を出し、体幹のトレーニングをしたところ…

「あれ?腰が痛くない!」

と驚いて頂けました。

治療期間

初回の施術で、腰痛が出なくなりました。

「身体の不安を取り除きたい」

とのご要望でしたので、1週間にに1回程度メンテナンスに来店される予定になっています。

お仕で身体を使う方は定期的なメンテナンスを行うと、痛みを予防できます。

ハレル野芥店より

腰痛には原因が多くあります。

病院で治療しても治らない場合、背骨が原因の事が多いです。

1人1人にあわせた治療が一番の近道ですので、お悩みの方はハレルまで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください