ダイエット要らず!ぽっこりお腹は座り方で治る!

「いくらダイエットしても下腹だけが痩せない」

「ぽっこりお腹で格好が悪い」

とお悩みの方多いと思います。

そんな悩みのある方のほとんどが、ぽっこりお腹の原因に気がついていません。

だから治せないんです。

本当の原因は普段から腹筋が使えていない事にあります。

「じゃあ、腹筋を鍛えたらいいのね?」

とよく言われますが、そういうわけでもないんです。

今回はぽっこりお腹の本当の原因について、お伝えしていこうと思います。

スタイルが気になって、好きな洋服がきれない女性の参考にしてもらえたら幸いです。

文章を読むのがめんどくさい方は動画を見てみてくださいね。

本当の原因って?

ぽっこりお腹の原因は、先ほどもお伝えした通り「腹筋が使えていない」からです。

しかし腹筋が使えていない原因は、腹筋が弱いからではありません。

本当の原因、それは・・・

姿勢です。

姿勢の取り方により腹筋が働いたり、サボったりします。

ではどんな姿勢だったらいいのか、どんな姿勢だったら腹筋がサボルのかをお伝えしていきますね。

どんな姿勢がいいの?

立っている姿勢を簡単にお伝えすると、肩・股関節・くるぶしを一直線で結んだ姿勢です。

この姿勢が、股関節が前にズレていると反り腰。

股関節が背後にズレていると猫背です。

この二つの姿勢では腹筋が緩んでしまうため、お腹が出てみえます。

なのでこの肩・股関節・くるぶしを一直線で結んだ姿勢をとると、ぽっこりお腹は解消されます。

この姿勢を治すためには?

よく「意識していれば良いですか?」

と聞かれることがありますが、意識で姿勢が変わるなら、すでに変わっているはずですよね。

いくら意識していても、すぐに元の姿勢に戻ってしまうので効果はありません

なので必要なのは無意識でその姿勢を取れるようになる事。

そのためにトレーニングを行う必要があります。

ただ、初めから立った姿勢を変えようとすると、難しい。

という事で、座った姿勢からできるようにトレーニングしていきます。

座った姿勢のポイントは、座った時に椅子に当たるお尻の骨「坐骨」の真上に体重を乗せることです。

トレーニング法

座って姿勢が正しくとれなければ、立って正しい姿勢は絶対にとれません。

なので座った状態で正しく姿勢が取れるようにトレーニングしていきます。

今回トレーニングで使うのがバランスボール

やり方は簡単!

バランスボールでただ跳ねるだけなんです。

ただ、しっかりとお尻の骨、坐骨にしっかりと体重が乗るようにする必要があります。

腰をそったり、猫背にならないようにしないことに気をつければ大丈夫です。

まとめ

ぽっこりお腹は、単純に太っているからではないんです。

姿勢が悪いからお腹が出て見えます。

なのでしっかり姿勢を取れるように、重心を体の中心で保つことが必要。

バランスボールで体操を行う事で、ポッコリお腹解消になります。

ぜひお試しくださいね。

追伸

今回お伝えした、ぽっこりお腹などの体のお悩みのご相談も受け付けて入ります。

こちらのラインまでご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください