脊柱管狭窄症が整体で治る人の3つの特徴

脊柱管狭窄症の方で当院の様な整体で治る方とそうではない人で明確に違いがあり、特徴があります。

それは脊柱管狭窄症の症状や状態ではないんです。

それは、あなたの脊柱管狭窄症を本気で治したいという思い!

 

「え?精神論?」

いえいえ、実はこれが治る人と治らない人の違いなんです。

 

ここまで読んで、「そんな事関係ないでしょ?結局は体次第じゃないの?」

と思った人も騙されたと思ってとりあえず少し下まで見てみて下さい。

詳しく説明して行きますので!

整体で治る人の特徴

 

整体で治る人はやはり「治したい」という思いがとても強いです。

その理由には整体になんで来るのかという事がとても大きく関係しています。

なのでまずなぜ整体に来るのかについてお話しします。

 

整体に来られる方

当院がある福岡にも「保険が使える」整形外科や整骨院が多くあります。

 

その中で当院のような保険が効かない整体に来られる方には特徴があり、この様なお悩みを抱えてありました。

あなたも同じお悩み抱えてないですか?

・病院では治らなかった

・薬や注射が嫌だ

・症状を早く治したい

・手術をしないで治したい

・どうしても治したい理由がある

・他はマッサージしかしてくれない

・長年病院に通っていて、一生通わないといけないのか不安

 

この様な方が多く整体を選ばれています。

 

全体的に「どこに行っても治らなかったから、最後の砦として」という思いを持たれて来られています。

 

結構強い思いだとは思いませんか?

 

そんな強く治したいと思っている方の中でも治る人と治らない人がいてその特徴も明確に出ています。

 

治る人の3つの特徴

①目標が明確になっている

②根本的な治療を望んでいる

③治すことを最優先に出来ている

 

この3つの特徴が治る人の特徴です。

ひとつひとつ説明して行きますね。

 

①目標が明確になっている

当院に来られる方は上で書いたお悩みを理由に来院されます。

その中でも目標が明確かどうかがとても重要なんです。

なぜかというと、「絶対にここまでは行きたい」という思いがないまま治療を行っても、痛みが減ってくると途中でやめてしまう。

そしてまた痛みがぶり返しもう一度通わないと行けなくなります。

それを繰り返しているといつまでたっても完全に良くなることは無いのです。

 

だからこそ目標「一年後、韓国旅行にしびれや痛みを感じずに行く」など、明確に期間と何をするかを入れた目標にする事が大切なんです。

 

②根本的な治療を望んでいる

上記のしたように、痛みや痺れをとっただけでは症状は完全に治ったとは言えません。

その痛みが出ている原因を治療していかないといつまでたっても何かのきっかけで痛みや痺れが出てきます。

あくまでも狭くなっている事が原因でその痛みや痺れが出ているとされていますが、なぜ脊柱管が狭くなってしまったのでしょうか?

今あなたの脊柱管の狭窄がとれ、痛みや痺れが取れたとしても「脊柱管が狭くなった原因」が分からないのではまたその痛みや痺れが出てきてしまいます。

なので根本的な治療を望まれる方が治り、その時の痛みだけとれればいいと考えている方は治りません。

どんな治療をするのか気になる方はこちらの記事もご覧ください。

「腰を反ると痛い脊柱管狭窄症」の原因と治療法を徹底解説!

 

③治すことを最優先に出来ている

家事・育児・仕事・趣味など日頃から沢山の予定が入っている方がほとんどだと思います。

そんな中でしっかり脊柱管狭窄症を治療していこうと思ったらなかなか通う暇がない。

 

でも今何を最優先として考えますか?

 

仕事や家事などを痛みや痺れの中で行なっていくのか、痛みや痺れがない状態で行って行くのか、どちらがいいかという話。

 

もちろん後者ですよね。

痛みや痺れをなくして仕事や家事をしたいから治したいと思われて整体に行くわけですから。

だったら通う暇がなくても「最優先」のもののために時間を作ってください。

これが出来る方が治っていきます。

逆に仕事を優先させた方はなかなか治る事が出来ないのが現実です。

 

まとめ

治る人はそれなりの努力と協力をしていただいております。

治らない人は人任せであったり、治したい理由や思いがそんなに強くない方が多いです。

脊柱管狭窄症を整体で治したい方は是非参考にしてみて下さい。

 

ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください