「朝起きると膝がうまく動かない」理由とは?

起床時 膝動かない

「朝起きると、膝がうまく動かない、重だるい感じがする」

というお客様から相談を受けます。

  • 「長年、膝の症状に悩んでいる」
  • 「どうすれば治るのか、知りたい」

という方の参考になれば幸いです。

朝に膝がうまく動かない理由

膝が動かしづらいおばあちゃん

「朝起きると、膝がうまく動かない、重だるい感じがする」

とは、膝の筋肉が固まった状態にあるからです。

朝起きて、しばらくすると、膝の動かしづらさが和らぐこともあります。

あれは、膝回りの筋肉が柔らかくなり、膝関節の血液循環が良くなるからです。

膝の筋肉を「常に使いがち」

膝筋肉 (1)

朝に膝の症状がある方は、寝ている間も「膝の筋肉に力が入りっぱなし」の状態です。

なぜ、そんな事が起きるのか?

膝には、6つもの筋肉が関節を動かしています。

さらに、膝は、股関節、足関節に挟まれた位置にあるので、

  • 歩く
  • 走る
  • 座る

など、私が生活の中で感じる衝撃を和らげる役割を担っています。

本来、私の体は、全身の関節で、「衝撃を和らげながら体を動かす

という事をしています。

しかし、衝撃を緩和する関節が少なくなると、残された関節で補う必要があります。

膝関節は、「他の関節の代わりに衝撃を緩衝する」役割を担いがちなのです。

よって、膝の筋肉ばかりに力が入り、

筋肉が柔らかくなる」感覚を忘れています。

「膝がうまく動かない」の改善法

起床時の膝の症状の改善には、3つの手順が必要です。

  • 硬くなった筋肉を柔らかくする
  • 膝の正しい動き方を覚える
  • 膝以外の関節で、体を支える

この3つの手順をもとに、自分でできる膝の体操をご紹介します。

「自分やるには、自信がない」という方のための、「専門家に診てもらう」お話もしますね。

自分で行う膝の体操

硬くなりやすい筋肉

硬くなった膝の筋肉を柔らかくするために、赤丸の部位をマッサージします。

  • 内側が痛いとき:縫工筋
  • 外側が痛いとき:外側広筋、腸脛靭帯

と呼ばれる筋肉が固くなりすぎていることが多いのです

その後、手で膝を支えながら、膝を曲げ伸ばします。

専門家による治療

専門家に相談することも一つの方法です。

体の「長年のクセ」は、自力で解消するのが難しいです。

自分では、治療し、効果がなければ

  • 別の問題がある
  • 正しく膝の筋肉をさわれていない

などが考えられます。

ご質問やご相談はこちらまで!

 

まとめ

朝、起きたときに膝が動かしづらい原因は、膝の筋肉に力が入っているからです。

治すためには、

  • 硬くなった筋肉を柔らかくする
  • 正しい膝の動きをする
  • 全身の関節で、膝の負担を減らす

専門家に相談するのも、1つの手段。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください