クルミを食べるとアルツハイマーの進行が止まるかも?

クルミを食べるとアルツハイマーの進行が止まるかも?という論文(1)が出てたのでシェアしておこうと思います。

  

とはいえ、これはまだマウス実験の段階なので人間にも効果があるのかは明確ではありませんのでご注意を!

内容としては、脳が萎縮していたマウスたちに、1日に総カロリーの6〜9%のクルミを1年間食べさせたところ、認知テストの結果が良くなったとのこと。

 

これは、クルミにふくまれる抗酸化成分が、脳に良い影響を与えている可能性が高いんだとか。

 

実験で使われたクルミの量を人間に換算すると、だいたい30〜45グラムぐらいなんで、1日にひとにぎりぐらいの量。

 

これが人間にも当てはまるかは不明なんですが、もともとクルミは非常に体の炎症をおさえる(=アンチエイジングに効く)作用が強い(1)ことがわかっていますので、積極的に食事に取り入れていってもいいかもですね。

 

 

〈あなたにオススメの記事〉

本来、人間は太らないようにできている!?セットポイント理論1

太るきっかけは「脳」にあった?セットポイント理論2

食べても食べても食欲がおさまらないのはなぜ?セットポイント理論 その3

脳の不調からくる肥満を防ごう!セットポイント理論 その4

細胞を癒してするする痩せる!セットポイント理論 その5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください