脊柱管狭窄症「治らない」と言われたつま先のしびれ!治った人の実例

お客様「もう長年しびれたままで感覚も鈍いし…もうあきらめているんですよね」

私「けど?本当は治したいんじゃないですか?」

お客様「病院では治らないと言われたし…でも可能性があるなら治したいです。」

私「諦めないでください。全て私にお任せください!

 

つい先日のやりとりです。

なぜ私が病院では改善が不可能だと言われたしびれに対して自信を持って治療できるのか。

全てはこれです↓↓

脊柱管狭窄症「治らない」と言われたつま 先のしびれ!治った人の実例

動画を見る時間がないあなたのために文章でも書いておきますね。

今回のお客様の場合、足のつま先が痺れてきたため病院を受診。
病院でレントゲンやМRIなどの検査をさんざんしたあげくにお医者さんから言われた言葉が
「あ~ここの腰の骨が変形して背骨の中を通っている神経を圧迫しているから、これはもう回復することはありませんね。」

この言葉を聞かされたお客様は

もうあきらめるしかない

と思われたそうです。

でも、心のどこかに「まだあきらめたくない」という気持ちがのこっていたので、当院にこられました。

色々とお話を聞き、足のつま先のしびれの原因が腰にあるのではないかと思い、腰の骨を上から触って確認すると…

ポンポンポンポンボコポンポン
腰の三番目の骨だけが左にズレていました。

そしてそのズレている骨を整えるように治療した結果

「あれ?ほとんどつま先にしびれを感じません‼」

たった一回の治療でしびれ自体は半分以下になりました。

この方の原因は?

この方の場合は、骨が1つだけ左にズレていることが原因でした。
病院では骨が変形していて、神経を圧迫しているからと言われたようですが・・・

実際には骨の1つがズレることで神経ではなく血管をあっぱくして、つま先にしびれがでていたのです。

つま先へのしびれは腰に原因があることが多く、多くのお医者さんがレントゲンやMRIなどの検査をして少しでも変形や狭窄があればそれを原因だと診断してしまいます。

なので今回のように少し骨がズレていたのが原因で私たちが正しい位置に戻すだけでしびれが改善されることがあるのです。

 

どうして原因に気づくことが出来たのか?

それは問診時の「違和感」です。
お医者さんの診察でのお話とご本人の感じるしびれと症状をお聞きした時につじつまが合わないという「違和感」を感じました。

お医者さんは腰が変形していて神経を圧迫していると言われ
お客様はしびれが強くなる時と弱くなる時がある

と言われました。

もしお医者さんが言ったことが本当であれば、骨が変形して神経を圧迫しているわけですから常にしびれは変わらず一定であるはずなんです。
しかしお客様のお話では、「しびれが強くなる時と弱くなる時がある」とのこと。

おかしいとおもいませんか?

私はそこに違和感を感じたので、腰の骨を確認したのです。

もちろんこの違和感は私たちが医療に携わっていた理学療法士だったからというのもありますが、1番はお医者さんの意見ではなくお客様のお話を重要視した結果だと思います。

まとめ

もしお医者さんから「治らない」と言われてもあきらめないでください。
まずご家族かご友人に背骨がズレていないかを見てもらい、もしズレていたらそれが原因の可能性もあります。

是非あきらめる前に背骨がズレていないかたしかめてもらってください。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています。
あなたへのおすすめ:福岡の整体院が教える【しびれが治る3つの理由】
          坐骨神経痛の人がやってはいけない3つの禁忌
          脊柱管狭窄症になるとウォーキングはしていいの?しない方がいいの?

ご相談はもしくはこちらへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください