ヘルニアを悪化させないための上手なくしゃみの仕方

ヘルニアを繰り返している人の中でも、再発の原因として多いのがせき・くしゃみです。

正直、せきやくしゃみは生理現象ですので避けることはできません。

しかし、腰に負担をかけないようにせきやくしゃみをすることはできるので

今回は、ヘルニアの方に知ってもらいたい上手なくしゃみの仕方についてお伝えしていきます!

 

1.くしゃみをするときのポイント

最大限のポイントは腰が丸まらないようにすること!
そのためにも1番簡単なのがくしゃみをする寸前にお腹に手を当てることです!

こうすることで腰に負担をかけずにくしゃみをすることができます!
しかし、この方法だと口を手で押さえることができないのが難点。。。笑

応用編は動画の最後で!

 

 

2.なぜくしゃみ・せきで再発するのか?

再発する1番の原因は姿勢にあります。

ヘルニアになるときの特徴として、前かがみの姿勢のときにお腹側から腰に向かって強い力が加わることで腰にかなりの負担が来てヘルニアになります。

 

くしゃみや咳をするときはほとんど前かがみのような姿勢になるはずです。

腰をそりながらくしゃみはしませんよね?(笑)

ですので、くしゃみをした時に腰の方に圧がかかることで動画のように後ろにヘルニアが飛び出します。

これが再発の大まかな仕組みです。

 

3.再発しないためにやるべきこと

再発予防のために1番必要なことは、今!!というタイミングで腹圧を高めることができる体づくりができていることです。

せきやくしゃみは予測していないタイミングで起きることがほとんどなので、体幹の筋肉が油断しています。

そんな時に、強い力が腰にかかることでヘルニアが再発してしまいます。

つまり、どんな瞬間でも体幹に力が入れられるトレーニングが必要です。

そのトレーニング方法を解説していきます。

1,仰向けで寝る

2,腰の下にタオルを引く

3,タオルを押し付ける

4,そのまま深呼吸

 

動画で詳しく見たい方はこちら↓

このように息をしながらでも体幹に力を入れることができるようになると、どんなタイミングでも素早く力を入れることができるようになるので、ヘルニアの再発リスクがグンと減ります。

まとめ

どんな症状にも必ず原因があり、再発にも必ず原因があります。
自己判断のみで自己流の運動をするとかえって痛みを悪化させることもあるので、専門家に相談し自分にあった運動を選択して確実に痛みを解消していきましょう!

 

あなたにオススメの記事

それ本当にヘルニア?偽のヘルニアを見破る2つの方法

 

【福岡市で唯一のヘルニア専門整体院】

未病リハビリセンターハレル野芥店

福岡市早良区野芥2丁目5-7

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください