自律神経の乱れでめまいがする!原因は背骨?

「めまいが酷くて仕事が辛い」

「夜もすぐ目が覚める」

そんなお悩みをかかえて来られたMさんは20代女性です。

歯科衛生士をされており、頭を上下する度にめまいがある状態でした。

半年の間我慢されていましたが、自律神経の乱れが原因かもと思い、当院に相談されました。

今回はこの方の原因と解決法について書いていきます。

めまいが酷い、自律神経の乱れかもという方に参考にして頂ければ幸いです。

Yさんの特徴

・仕事で頭を上下させることが多い

・冷え性

・夜何回か目が覚める。

・身体がものすごく硬い

どんな悩みがあったのか?

半年前からめまいを感じていたYさん。

お仕事で首を上下させたときに

「フラー」

毎回めまいが。

お仕事が歯科衛生士さんなので、頭を上下させる動きはしないわけにはいきません。

仕事中何回もめまいがあるのが苦痛、だとお話しされていたのが印象的に残っています。

根本原因が分かるから」とご友人の紹介で来ていただきました。

原因は?

Mさんのめまいの原因は腰から首までの背骨がガチガチな事にありました。

背骨全体の柔軟性の低下によって背骨や首の関節が動きにくくなります。

正常であれば頭を動かした時に、背骨が動いてバランスをとるので目線がぶれません

しかしMさんの場合背骨の特に首の骨がガチガチに固まっていました。

背骨でバランスが取れなくなったため、目線がぶれてしまいめまいを引き起こしていました。

どんな治療をしたのか?

めまいを軽減させるために、2つのことをメインに行いました。

①背骨と首の骨の柔軟性の向上

②首の動かし方の再学習

①背骨と首の骨の柔軟性の向上

めまいの治療のために、「なぜ、背骨でバランスがとれなくなったのか?」を考える必要があります。

背骨は通常ばねのように衝撃を吸収してくれます。

たとえば高層マンションの耐震装置。

かなり大きいですがばねが使われています。

揺れが来た時にその揺れをばねが吸収し、逃がしてくれるのでマンションが揺れることがありません。

人間の背骨も同じような機能ももっています。

しかし、背骨が硬くなるとばねの機能を失うので、めまいが引き起こされます。

めまいを減らすためには、首の骨全体と背骨の柔軟性を出す事が必要です。

当院では、首の骨と背骨の調整「脊柱コンディショニング」により背骨の柔軟性を出す施術をしております。

「脊柱コンディショニング」は骨と骨の間「関節」を一つ一つ動かして、背骨や首の柔軟性を出していく治療です。

これを行うことで背骨が、ばねの機能を取り戻すので、めまいがなくなっていきました。

②首の動かし方の再学習

Mさんは背骨全体を固め、首の一部分だけを動かす動きをされていました。

その為、正しい動かし方をすることが出来ません。

背骨や首の骨の柔軟性を出しても、動かし方自体が変わらないと、すぐに元に戻ってしまいます。

正しい首の動かし方を誘導しながら、Yさん自身にも動かし方を覚えてもらう必要があるのです。

結果

Mさんの背骨を整え柔軟性を出し、首の動かし方を練習したところ…

「あれ?首を動かしてもめまいしない」

と驚いて頂けました。

そして施術前と後で顔にも変化が出ました。

背骨が動くようになったことで、血流が良くなり顔にたまっていたものが流れた結果です。

そのおかげで、身体もポカポカに。

そして「目もすっきりして、見やすい」という感想もいただきました。

目の調節をする筋肉の血流が良くなり、目の調節もしやすくなったと考えられます。

治療期間

まだ治療3回目ですが、めまいが出にくくなりました。

仕事中もめまいに悩むことなくできています。

「めまいを二度と引き起こしたくない」

とのご要望でしたので、1週間にに1回程度メンテナンスに来店される予定になっています。

めまいの方は定期的なメンテナンスを行うと、痛みを予防できます。

ハレル野芥店より

めまいには原因が多くあります。

病院で治療しても治らない場合、背骨が原因の事が多いです。

1人1人にあわせた治療が一番の近道ですので、お悩みの方はご相談ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください