睡眠の質が悪い!入浴時間を意識すると質が良くなる!

「寝つきが悪い」

「すぐに目が覚める」

こんなお悩みの方からの質問を受けました。

眠れるようになる簡単な方法を1つだけ教えてほしい

いくつもできる気がしないから、1つだけ教えてほしいとのことでした。

今回は睡眠の質を上げる簡単な方法を1つだけお伝えしようと思います。

眠れないとお悩みの方の参考になれば幸いです。

眠れない理由

多くの場合が自律神経の乱れです。

自律神経とは2種類あり、それぞれに大切な役割があります。

自律神経

・交感神経…活動する時に優位になる

・副交感神経…リラックスする時に優位になる

交感神経が優位になると活動的になります。

逆に副交感神経が優位になると眠たくなります。

この二つの自律神経が乱れ、夜に交感神経が優位になると眠れなくなるんです。

寝るためには

夜眠るためには、副交感神経を優位にする必要があります。

交感神経と副交感神経の関係はシーソーのようなもの。

その為片方が上に上がるとその反動で、次にもう片方が上に上がってきます。

その性質を使って夜寝たい時間に、副交感神経を優位にすれば睡眠の質は上がります。

簡単な方法

その方法は…

寝る90分前までに入浴を済ませる

という方法です。

湯船につかり、しっかり温もることで身体の深部まで温もります。

すると交感神経が優位に!

入浴後は上がった深部体温が徐々に下がっていき、交感神経もさがり副交感神経が優位になります。

これにかかる時間が90分以上です。

なので、寝る90分前までに入浴を済ませると、寝やすく睡眠の質も高くなりやすいのです。

まとめ

眠れない理由は各個人によって様々です。

ですがまずやって頂く方法としては、この方法が簡単でやりやすいです。

是非お試しください。

ご相談・ご質問はこちらのLINEから受け付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください